--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-06(Thu)

じゃあ具体的にどうゆう事が起こるのか?私の考える二極化 

In Deep というブログにヒトの身体から発せられる磁場という記事がありまして。

真実の太陽の時代がやってくる

図を見ると人間の頭って地球じゃん!
んでここに、頭は左の耳の周辺から右へ向かって磁場を発しているとあり、その図はまるで人間の頭は地球の南極が左で右が北極。
そのほかにも血液は全体に磁場をもっているそう。

そして最新のこの記事・・・ 地球の磁気圏が崩壊を始めた

これは実際に太陽の磁場が北極⇔南極逆転したことに続き、地球の磁場もおかしくなっておりひょっとしたら逆転するのではという話。
そしてどんどん磁場、磁気が弱りだしてるので最近の地球全体の天候の悪化・火山・地震などはこの影響を受けているからかも、と。

太陽の磁場の反転は10何年かごとにあるらしいのだけど、地球の磁場反転は人類は経験したことがない。
いや。
古代のたとえばインカとかに地球の反転があったという言い伝えがあるという文章をどっかのスピ系ブログでよんだことある。
何日間か夜が続きその後何日間か昼が続いたとか。


ならば。

ひとの頭が地球や太陽のように磁場をもっているのだからそれが反転したりするのかもしれない?・・・
そうならないとしても、これから未知の状況に地球そして地上の私たち生物は直面することになる。
おかしな事件・事故・戦争・・・ひとの身体の磁気が影響受けておかしくなってもまったくなんの不思議もない。

スピ系では人間と宇宙はいっしょ。
ひとの身体は太陽系と密接な繋がりがあるのだから。


すでに太陽の磁場反転で地球では去年あちこちで緯度の低いところで(アメリカ辺りでも)オーロラが見えて美しい画像がたくさんアップされていた。
美しいオーロラは、太陽からの磁気嵐を地球の磁場が防ぎきれず北極から侵入してくる時にできる現象・・・(で、あってるかな?)

今の科学では人体にどのような影響があるのかよくはわかっていないが、オーロラって言うのは昔は忌むべき禍々しい危険なものという言い伝えもあるくらい。
In Deepには太陽の黒点の周期が伝染病の爆発的な流行とリンクしているという記事も載っていたけど。
とりあえず太陽風・磁気嵐がやってくると世界中の電気系統がヤバイことになるとスピ系では何年か前にさかんにいわれてたんだよなあ。
詳しいことはよくわかんないんだけど、太陽の磁場反転に伴って太陽の黒点が増えて太陽風もたくさん地球にやってきていた。
なのに結局なにか事故らしい事故は世界中でも起こらなかった。
定期的に磁場反転するわけだからいままでにもあったわけだから予想していただろうし(でも過去数十年前と今とでは電気に関すること・コンピューター・ネット依存度が違いすぎるけどね)・・・
実際たしか一昨年だったかNASAがすべての所員に警告文のようなメールを出して、これはどういう意味?!とかいってかなり話題になってた。
なのになにもなあ~んにも起きなかった。これも不思議。
私なんか地球上の電気系統がダメになってしまうんだとそのころマジで信じてたのに。笑



でね、スピ系では。。。

もう何年も前から「この宇宙始まって以来の変化が地球で起こる」といわれているわけです。
すでに10年くらい前から次元の上昇といわれていました。
3次元から4次元へ。。。
ヒューマンからスーパーヒューマンへ。笑
ただのエスパーじゃなくて。
すんごいですねえ・・
これを知ったひとは「まさか~」とかいいながら期待しちゃう。
信じちゃうよね。
私も信じてた。
(あらゆる宇宙から宇宙人がこの変化を見物に来てるんだって、地球の周りは宇宙船で混雑してるとか。笑!)

どういうふうになるかというとまず、気付き。
意識。
うーんと私もあいまいなんだけど。。。
思考ではなくて本能。
でも本能だけじゃだめで、そのへんはバランスの問題で。。。。笑 

今の科学では遺伝子DNAは2本だけど本来12本なのだとか。(どういう状態で12本なのかはわかんない。テヘ)
最近医学の分野で遺伝子の新発見がどんどん進んでいますね。
この進歩も次元の上昇が起きているからなのだそう。
あ、次元の上昇というのは「ウソ」という話もこのところでています。
単純に変化と呼ばれてますね。

10年くらい前は天使や宇宙人(おもにプレアデス・シリウス)がやってきて地球を救ったり人間がエスパーになる手助けをしたり(DNA変化への刺激)とSF小説のような夢のような話が主流でした。笑

「宇宙NOW」というブログではもう何年か前から時間軸の統合。(ひょっとしたらパラレルワールドのことかもしれません)
何年か前、別の宇宙の存在を物理学者が証明して話題になりましたよね。
私はこれがパラレルワールド、つまり時間軸じゃあないかと・・・
時間軸は(うーんと確か)13あるといっていたような。。。
このブログによると2年前の4月何日だったかで(妙に細かい)全部統合されたといってました。

で、統合された時間軸パラレルワールドには今の地球より科学が進んでいる世界があって、
統合によって学者など研究者にひらめきを与える可能性が劇的に増える。
確かになんか実際いろいろ発明や発見が話題になってるみたいだよね。

あとね、これは私が思うに過去世を思い出すことが増えるのではないかと。。

私は輪廻転生を信じているわけです。
魂は不滅で輪廻の輪の中で何度も何度も生まれ変わる。
その人生でどうしてもカルマが生じる。
そして何度も転生を繰り返すうち複雑な運命がさらに複雑になったりして。
人間が他の動物と違う点。
それは光と闇を持っていること。

白の勾玉と黒の勾玉とで円になる。。。。

神様みたいに良い人なんていない。でも悪魔のような人だっていない、絶対。
こころに闇があるからこそすばらしい文化が生まれる。
闇によってさまざまな傷を魂に受けるからこそ魂が成長する。
複雑な世界。
なんで複雑な世界がいいのかはわからないけど、私は複雑な世界は面白いと思う。
魂は経験したいのだと思う。
それが生まれてきて生きたいという欲望と同じで、転生を繰り返して経験してみたいという魂の欲望。
スピ系では、それはこの世をこの宇宙を創った存在つまり「神」の欲望であるというけど。
だから神は人間の魂でもある。


そしてそしてそして。笑

闇と光の二極化がはじまった。

それはDNAの変化という形で。
具体的には太陽が変化しその影響で地球が変化。人間や地球上の動植物はその刺激を受けて。


狂ってしまうひと。
あなたの身近でいませんか?
なんかヘンだなとおもう人。
あれ?このひとってこんなだったっけ。。。って、おもうこと。
自分に関してもだけど、妙に不安になったり。

動物の大量死。(知ってる?アメリカ大陸の大問題になってるイルカの大量死)
世界中で巻き起こっている異常気象。
増えている地震や噴火。

スピ系では不安になるとDNAの変化に悪い影響を与えるとかいってますね。
そこで「気付き」なのです。
精神状態、こころ。
持って生まれた本能。
まっすぐに生きる。
変化を受け入れる。


これからますます環境の変化が起きるらしいです。
個人的にも地球規模でも。

神様も天使も助けてはくれない。

でも

本能に耳を傾けるとひらめきやアドバイスは必ず得られる。

この宇宙の変化に生まれてきた私達はラッキーらしいですよ。笑
このとんでもない変化を体験できちゃうんだから。






さてさて・・・




スポンサーサイト

2014-01-17(Fri)

二極化・・・?

唐突にブログ再開のきょうこの頃・・・
で、なぜか前回前々回と1年を振り返ってみたりしたけど。笑



三輪サマや江原サンがいってたとおり偶然なんてもんはない、すべてが必然なのだとしたら。。

どう考えても経営無理だろって状況でもやってこれて、例えばふいに飛び込みの銀行員がお金借りてくださーいってきたりねw
それでも先行き不安で落ち込んでると知らないお客さんのおばさんとかが急に「頑張ってね。このお店ずっと続けてね」とか言われたり。



そういうありふれたwタイミングがこのあいだもあった。

年末年始の営業が、特に年明けのひどい寒さで店閑古鳥があまりに続くので、「よーし、いっちょ景気つけるか!」と久しぶりに知り合いのママさんのジャズバーへ。
ところがカウンターで隣り合わせたお客さんと大きな声で盛り上がって話していたら、


突然・・・・

その店のママさんなんと私を名指しで
「スピちゃん!あんたね暗いんだよっ!そんな暗い話するんじゃねえよ!そんな暗い話する客はこの店にはひとりもいないんだよっっ!!!」
ものすっごい大声で怒鳴られた。



いや~、、、店内どんびき。笑
彼女もともと高くてよく通るキイキイ声。

私茫然自失で気がついたら思わず立ち上がってお金出して店を出ていた。

帰りぎわ、
「あ~りがとございました~っ!!!」

スッキリうれしそうな彼女のあの顔。。。。。。。。。。


別にケンカふっかけてしつこくしゃべくってたわけじゃないし、ビール2杯しか飲んでなかったし飲みだして30分くらいしかたってなかったし。

ていうか、
酔ってるんだからいろんな話になるでしょ。笑


まったくの無防備状態でカウンターパンチ食らった気分でございましたよ。

そのバーのママさん。
私が知っている限り、ヨッパライの裁き方なんざとてもうまくておしゃべりもとてもおもしろいしで彼女のファンは男性女性を問わずたくさんいるの。



んで、その後私は丸2日お腹ピーピーになっちゃうし、混乱もしてたしかなりなネガティブ思考に陥り。。。。




3日目だったか「はた」とおもいついたんだ。



お経だ



そう、暮れにお客さんからなぜか三輪サマの本をもらって読んだのだ。
そこにお経を唱えましょうと書いてあって


南無阿弥陀仏


南無妙法蓮華経



の違いとか、お経を唱える時の注意事項とか。。。

えーと、本の題名は。


「幽霊ナンテナア~ンモコワクナイヨ」

なるほどとおもうこといろいろありますた。
たまたま年末もらったんだよね。
でももらったとき、いやあ~、いまさらこんな本読まなくてもある程度ネットでかなり情報得ているからなあ。いらないんだけどもね。
なーんて、あまりありがたくは思わなかったのね。

その本読んだ2週間くらい後で今回の「飲み屋追い出された事件」発覚。笑


このお経効きました!


効果テキ面


それまでボーっとしてるとすぐ思い出してイライラしてたのに思い出しはするけどイライラしなくなった!

負の感情に負けない。

まさに傷口にバンソウコウ貼ったみたい。お風呂に入っても痛くないみたいな。笑



自分にとってはまたまたすごい偶然(いや必然)なできごとだったわけだが。

ところでこの一件。
落ち着いた気分で考えると気になるのはあのママさん。
頭の回転の速い飲み屋をやるために生まれてきたような彼女。
共通の友人数名から漏れ聞いたところによると、やっぱちょっとオカシイらしい。
いやね、
もう話題にするのも嫌で、しらんぷりしていたんだけど向こうからなにげに様子を伺ってくる。
かなりなヒステリーを起すらしい。
その影響で唯一のもう長いこと手伝っているバイトくんがかなり参っているとか。

それで思ったんだよね。
今年に入って次元の二極化がさらに進むらしいと、どこのスピ系でもいってるらしい。

それで思い出したんだけど「宇宙NOW」というブログでもう結構前に、

これからはいろいろなことが始る。
そして良いこと悪いことすべて疑って自分の中で腑に落ちるとか直感とかというところで判断しろと。
ぼんやりしていると巻き込まれるよ。
シートベルトをしっかり締めましょう。

さらには、「霊的なことで人生が大変なことになった」という最近読み始めた今いちばんお気に入りのブログでも今年から二極化が進んで落ちる人はどんどん落ちるとか。

てなことが書いてあって、
へえぇ~
くらいにしか思ってなかったんだけど、今回のことで妙に納得というか。
ああたぶんこういうことなのかもしれない。
ヤバイなあ怖いなあ




次元の上昇って、足引っ張られることもありうるのかも。。。

だって、闇は苦しがってるっていうし。

私の仕事は一見さんも来るいろいろなお客さんに対応するので接客には慣れているから少々のことでは精神的には波風立たない。タフだ。

子供の頃も両親の不仲父親のヒステリーとなかなかに揉まれて育っている。その私が体調に来たのは生まれて初めてのこと。


彼女がどうなるのかはわからないけど、私との確執で共通の知人を巻き込むのはそれこそ闇の思う壺だ。
今だからそう思うのかもしれないがあの日の彼女の顔は店に入ってからみるみる歪んで来て「あれ?」と感じてた。
女性特有のホルモンバランスの悪さからくる激しい感情を抑えているような。。。

その後何週間かあと夢も見た。
凄い夢だった。
お客さんに身体を売っていた。店で。

妙にリアルで、私、自分の精神状態が悪いのかともおもったけど。

彼女は私に対して、経営者で独身でと共通の道を歩きながらどこか相容れない似ているようで全然違うものを、感じて(うーん、それは私のほうかな・・)私のほうがひとまわり以上年上なのもあってどこかでライバル心があるのだろう。
いままでずっと、私のやり方が気に入らない(間違っている)と思っていたのが引き金になって(その他にも何かいろいろあったのかも知れない)あの時いっきに闇を連れて爆発した。とか。。。。

彼女が闇に落ちていくとしても(上から目線かな~)この先たぶん似たような人達が集まってくるから彼女の周りはそれなりに賑やかなのではないでしょうかね。

そうではなく、まったくの私の考え過ぎなのだったら今までの彼女だったら謝りに来るはずだし。
誤る?いやいや誤るくらいならあそこまで怒鳴ったりはするまい。




このさき彼女の噂は嫌でも流れてくるから、どうなるのか静観してましょう。










2014-01-09(Thu)

弾みがついたようで・・・

いかに精神状態が安定しているかわかりますな。笑

年末年始が最悪な売り上げ状態にもかかわらずまったく落ち込んでいない自分がいるんですが。笑笑
ていうかむしろこの先のこと、なにも具体的に考えていないのにふとおもうだけで笑いがこみ上げてくる・・・

そりゃあ頑張ってもどうにもならなかった家賃問題がクリアになって、過去に数年間かつてないほどほっとしてはいるけど。
それだけじゃないよな、なこのワクワク感はなに?
先のこと考えただけで。。。。




そうそう、
一年前の日記にも同じようなこと書いてあったっけ。
秋ごろから来年のことを考えるとやっぱわくわくドキドキ・・・
胸が締めつけられるような感じもある。
なんでかまったく見当もつかないのだが、占いやるといいことがあるとでる。笑
自分で何回も、もう何回もタロットやってみたんだけど「太陽」とか「女帝」とか出まくる。んだけれども、
いっしょにた「タワー」もでる。
だけどたいがい「太陽」が正位置だと「女帝」が逆さとか、、、、
いいことと苦しいことがいっしょで原因が「タワー」。



でさ、、
一年前のその謎の感情の理由が判明したわけさ。

8月に「店辞める事件」のとき。笑

10数年前にあらたに大家が雇った(大家の知り合いの不動産屋が雇った)管理人。
これがとんでもないいいかげんな頭の悪い(精神構造が幼い)スピで言う物質に囚われたヤツでね。
少しでも自分がどういったらいいかわからないことを言われると、

いきなり怒鳴る。笑

見た目完全に893。目つきといいファッションといい、面倒になると怒鳴り飛ばすところといい。ゴロツキちんぴら。
何回かわけわからないこと言われて、面倒になって何も言わなくなってしまった。
そういうヤツとケンカって私苦手。

何度も大家に文句言おうとおもったけど、ヤツのこと完全に信用してるっぽいし(大家の前では媚びへつらってすごくいい人装っている)そうだとしたら私が何を言っても信じてもらえない可能性大きい。
ま、いずれそう遠くない先、問題起して化けの皮がはがれるさと無視決め込んだ。

実際、法の網の目を掻い潜るようなことしてというかそういうやり方しか出来ないらしく、危険を犯して頑張って儲けても頭悪いのでザルのように金がボロボロ落ちていく。。。
一時期は羽振りよさそうで、ベンツ乗ったりしてたけど。

ヤツがなにをしていたのか実際はまったく知らないけど。(不動産売買ということしか)
どうやら店があるこの建物を自分が所有していると言ってまわっていたらしい。笑
ただ言いふらすだけならいいけどさ。
なぜかうちにわざわざ電話でいろんなことを聞いてくるのだよ。いろいろな人が。
「○○○って知ってますか?(管理人の会社名)」
「ああ、この建物の管理人ね」
「え、管理人?」
「そうですよ」
「・・どういう会社か知ってますか?」
「不動産屋じゃないの?」
「・・・・」
うちは賃貸の店舗だから。
管理人のことは知るわけがない。


ヤツもよくぞ騙し通してたよな、な状態で10年以上そのまま居座り続けた。。。
初めはちゃんと家賃使い込んでも返すつもりだったのかもしれない。
それがうまくいかなくなりだして、返せなくなったのだろう。今から想像するにね。


去年6月頃だったか突然管理人が事務所にしていた部屋が引越して出て行ったんだよねー。
その時は精神的に煮詰まってたからあんまりなんともおもわなかったけど。
ああやっぱりね。ついにね。くらい。


8月に大家と店やめる話し合いしたときやつに関して「とんでもないトラブル起して辞めさせた」という話を聞いた。
しかも管理させていたここや別の物件の「家賃食われていた」と私にも洩らした。

あ~あ、
大家どんだけ人良いんだよ。


大家ちゃんは前から私のこと心配してくれていたらしい。
前から家賃の値下げは考えていたらしい。
ところがこの話はアホな管理人で止まっていたわけだ。

こっちもいままでだまっていたけど頭にきていたことついでにぜ~んぶ言ってやった。


障害になってたヤツの本性バレていなくなって大家との間の風通しがよくなりそれがあって、改めて大家と私はちゃんとした信頼関係が持て、家賃の劇的な値下げで私は店を続けることができることになったわけだ。
ほんとすごい展開だった。

で。
一年前からず~っと、先のことに意識を向けるとそう意識を向けるっていう感じ、そうするとなんというかわくわくするようなうれしいような楽しいようなそんな感情が沸々とわき上がってくる。笑
わけわかんない奇妙なあの感情。
7、8月のパニックマックス(笑)のときはもう感情がぐちゃぐちゃでわからなくなってたけど、
大家との交渉中から

「キタ~!やっぱり私ここにいることになってるんだ~」
「あれもこれもすごいタイミングでやってくる~」

これこれ、あの奇妙な感情はこれだった。
人生でも稀に見る嫌いだったヤツが目の前から消えた瞬間。





さあて。

そんでね、

またまた秋ごろからヘンな感情がだ・・・・

いったいどんなことが待っているんだか、、、、

そんなことを思ってちょっぴり不安になってぼんやりしていると・・この曲が流れてきた。うふふふ

ありがとう。

         [Almost Paradise]  「天国の扉の前にいるんだよノックするだけ・・・」



2014-01-04(Sat)

あっというまに9ヶ月

ふわ~
最後にブログ書いたの去年の4月じゃん。気がついたら年越しちゃってた。笑

大好きなスピ系の話、自分のたいしたことない零感的wな出来事を書いていこうとおもってはじめたのが。。
続けるというのはとても大変なことですなあ。

ま、しょうがないっか。
  ふ  
(と、自分に甘い)

なにはともあれ言い訳を・・・
今から考えると最後にブログ書いたあたりからどんどん忙しくて疲れがたまり、なのに相も変わらず経済状態は破滅へまっしぐら・・・
ネガティブにどっぷり漬かっていた。文章考えるとかもうそんな精神状態ではなくなってた。

今度こそ店に限界感じて仕事やめることばかり考えていたし、
やめるのならせめて今年は精一杯頑張ろうと思っていたから去年の今頃からかなり自分を追い込んでいた。
でも、日記つけるのってよいね。
読み返してみて一年前の今頃の気持ちがよみがえってきた。


その頃、近所に10件近く店舗展開している居酒屋の社長さんに(40代くらいか?)この店もらってくれないか連絡したこともあったっけ。
一回しか会った事なくて名刺もらったことを思い出して電話してみたんだけど、向こうもいきなりなのでじゃあ、まあそのうちいきますよみたいな言い方だけされてその時はそれで終わった。

その後1週間くらいで音沙汰無いので、あ、もうだめってことね。ご縁がなかったんだ。
と、すっかりそんなこと忘れてしまった。
今から思えば向こうもこっちのことそれなりに時間かけて検討していたんだろう。。

ところがところが。
社長サンの顔よく覚えてなかったからその数週間後来店してくれたとき気がつかなかった。
彼もあえて何も言わないし。乗り気じゃなかったんだろうな。
ところが彼が来店中のその前後の時間帯。夜だったんだけど。。。
後にも先にもこんなに混んだの初めて!な、次々入ってくるお客さん達!
満席の中走り回る私に声なんかかけられない状態。

私もなんか彼の視線を感じていて「・・?」状態だったので、何時間か後に店じまいして片付けしている時にふと気がついたんだった。「あっ?ひょっとしてあのひとあの社長サンだったのでは?」
そしてそれと同時に悟ったんだ。
あ・・・・そうか
まるで阻むように狙ってやってきた大量のお客さん達の謎も解けたような。。
なにかの力というか、強いメッセージというか、、、


その後その社長サンに連絡する気がなくなってしまいましたよ。

夜はいつもは暇なのでいつもどおりだったら、この店を買ってもらう商談してたでしょう、確実に。向こうの言い値になってたかも。
そして、
この店今頃とっくに彼にいくらかで売ってしまっていたね。うん。

くどいようだけど。笑
いままで夜に満席になったことないんだよ。
その後ももちろんなし。
そしてかの社長サンもあれからお見えにはなってない。。。。

こんなことあると泣けてくる。こういう妨害工作。笑

どう考えても「続けなさい」と誰かに言われていると思わずにはいられない。でしょ?
いったい誰?

そんで、
夜満席にできるなら月一くらいやってくれないかな~って思うんだけど。
それやっちゃったら昼忙しいから私の身体が(いや精神状態が)持たないんだなあ。
と、あらためて思うわけですな。

うん。だよね。



いやー、そうはいってもその後も忙しくて苦しかった。

そんでそんなときでもふつうに仕事している自分の体力に驚く。笑

頑張ってたけどそれほどでもないってことか?
そういえばなんかのネット占いで「あなたは苦労負けしません」てなことがかいてあってゲンナリした覚えがあるけども。笑




ここ何年か自分の人生にこの店をやっていくことに疑問を持ちつつ、でもやめられない葛藤。
結局はやりたいんだな。やり続けたい。
だからつじつまが合わない経営をやり繰りし続ける。
そうするとなぜか破局せずになんとかなってしまう。いいんだろうか?・・とおもいつつ。



そう、そしてそんなこんなを続けて8月。
とうとう「もうやめた!!」と、突然大家に店じまいすると連絡してしまった。
かなり衝動的だった。
そんな自分に驚いてもいた。
7月8月とイベント的なことを2回やってみたが初めての試みだったので微妙に赤字だったことがきっかけ。
具体的なことはなにも考えず気がついたら受話器を握ってた。

もう、いいや。

自分の中でスイッチが切れた瞬間だった。
26年間やってきてこんな気持ちになったの初めて。。。




ところがね、これがね。
思わぬ方向へ行く。


連絡受けた大家ちゃんw(70代の好々爺なんだけどw)。
「やめないでほしい」
会って開口一番、こっちになにも言わせずいきなり家賃の値下げ交渉。
どんどん下がる家賃。。。。。


あっけにとられる。笑

私にもうやる気がなくなっているのが目に見えてたのだろう。
頑張ってやりましょうよ、と説得された。


でも。
実のところ年末までやる気(というか気力)が切れた状態は続いていたの。
年が明けてようやく、
まあ、、とりあえずまた頑張ってみましょうかネ~。笑
んで今に至る。。。。





おおお~

なぜか急にブログ開いて読み返し。
なぜか急にその気になって記事を書き出したら・・・・・

あらら、すごい量の文章

いっきにこの一年間振り返っちゃったねー

よく書けたな 笑

この一年間は久しぶりに私に動きがあったからね


それにしても日記だからまいっか
って思うけど、前に書いた文章もどれもみんな私じゃなきゃわからん 






     ま、いっか




2013-04-13(Sat)

・・・・・

なあ~んにもなかった。
ほんとになーんにもまあーったくなかったあー。

2月くらいにきっとすごい劇的な環境変化があるとおもっていたんだけど。
だから2月はめっちゃ神経磨り減った。
痛いほどの期待と不安。それはもう毎日が息が詰まるほどにね。

いや変化はあった。
でも自分の思っていた変化とはまったく違っていた。残念ながら。

単純に仕事がめっちゃ忙しくなってしまったんです。1月後半から。
それはそれでうれしいことだしそれなりに充実もしていたんだけどね。。。

暮れぐらいから仕事に対して不安感とあせりのアップダウンが激しくなっていてとても神経が疲れていたの。
絶望という言葉が波のように押し寄せてはふいに引いてゆく・・・
引いてゆくきっかけはいつもお客さんの何気ないひとことだったり。
どれだけまわりから励まされたことか。
(ちなみにお客さんはそんな私の心情を知っていて励まそうとして言葉をかけてくれたわけではない 笑)


仕事やめたいんだけどなあ~




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。